旧免許制度ではどうだったのか

同じ普通自動車免許でも違う条件

法が改定されたら、もともと免許を持っていた人はどうなるのか気になるかと思いますが、改定前に取得したのならその時の条件がそのまま適用されるので、そのまま運転していて大丈夫です。

2017年3月以前、2007年6月にも道路交通法の改定がありました。
それまでに自動車普通免許を取得した人は車両総重量8トン、最大積載量5トン未満の車両の運転が可能です。

最近取得したのなら記憶もはっきりしているかと思いますが2007年6月よりも前に取得したか定かでないならば運転免許証を確認してみましょう。
中型車は8t限定に限ると記載されていれば2007年6月以前に取得されている事になります。

新しい道路交通法で追加された準中型免許と条件がほぼ変わらないので、以前は普通自動車免許で運転できる車両が多かったんですね。

自分の免許証を確認しよう

自分が運転できる車を判断するには、どの免許を取得しているかだけでなく普通自動車免許をいつ取得したかで変わります。

2007年6月以前に取得していれば運転条件が緩い時期だった事もあり、4トントラックも運転可能で、今の道路交通法の普通自動車免許ではありますが中型免許を取得しているのと条件はほぼ変わりません。

最新は2017年3月12日に改正され、前回の改正からこの改正以前に普通自動車免許を取得した場合は最大積載量3トン未満までの運転と制限がされました。
この間取得した免許では4トントラックは運転は不可能ですが2トントラックの運転は大丈夫です。

現在の道路交通法では制限がさらに厳しくなり、最大積載量は2トン未満です。
未満がつくと2トンは含まれないので運転不可能という事になります。

勘違いしやすい部分なので無免許運転にならぬよう確認が必要ですね。


この記事をシェアする
TOPへ