普通自動車以外に免許の区分は何があるのか

自動車免許の区分はいくつあるか

2007年6月の改正では中型自動車免許が新設され、2017年3月の改正では準中型免許がさらに新設されました。

自動車普通免許をいつ取得したかで運転できる車両が異なりややこしいので、自動車免許には6つに区分され表記されています。

普通自動車免許、準自動車免許、中型自動車免許、大型自動車免許、中型自動車免許8トンに限る、準中型免許5トンに限るの6区分です。

中型自動車免許8トンに限るというのは2007年6月までに普通自動車免許を取得した人用の区分、準中型自動車5トンまでは2007年6月以降2017年3月12日以前に免許を取得した人用の区分になっています。

普通自動車免許しか取っていなくても条件の記載はありますが、免許証には中型や準中型の記載がされています。

トラック以外で運転可能な車は

荷物の量も普通自動車免許で運転できる範囲だけでなく、何人まで乗せて運転しても良いかも気になるところです。

普通自動車免許では定員が10人以下なら運転が可能になります。
子どもが含まれるとどうなるのか迷うところですが道路交通法では12歳以上の者は1人、12歳未満の子どもは3人で2人と相当すると記載されています。
子どもは身長や体重ではなく年齢で判断すれば良いようです。

ただし、マイクロバスの運転は中型自動車免許か大型自動車免許が必要になります。
中型自動車8トンまで、準中型自動車、準中型自動車5トンまでの免許ではマイクロバスの運転はできません。
中型と記載されていれば条件はクリアしているように感じるかもしれませんが、純粋に中型自動車免許以上の免許でなければ該当しないので注意しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ